育児ブログ【オコジョ的じゅりいズム】もやってます!

ピアノの引っ越し、搬出はどのように行われる?【松本ピアノ輸送・クリーニング前の状態】

ご訪問ありがとうございます。

タマホームの「長野エリア限定 木麗な家」に住んでいるじゅりいです。

今回は、実際にピアノを運び出した時の話です。

ピアノの引っ越しは「松本ピアノ輸送」さんにお願いすることにしました。

ピアノ運送の業者比較も行いましたよ⇩

www.jury99.work

あの重いピアノをどのようにして家の中から出すのか、とっても気になりますよね(゚∀゚)


目次

 ピアノ引っ越しに必要な事前情報

見積もりを取る際には、以下のような情報が必要となります。

上記の記事にも書きましたが、

●ピアノの種類(アップライト・グランドなど)

●ピアノのメーカー

●ピアノの台数

●現在ピアノが置かれている場所の情報

*1.戸建て・マンション・アパートなど建物の種類

*2.階数

*3.階段・エレベーターはあるか

*4.住所

●引っ越し先の情報

*1~*4と同様

●運送希望日

●運送以外の依頼内容

以上の内容を伝えておきましょう。

事前情報が曖昧だと、追加料金が発生したり希望日に作業が行えなくなる可能性もありますので注意です。

業者さんが事前に下見に来る場合もあり、下見料金が発生することもありますので事前に確認しておきましょう。

我が家のケース

我が家は、このような条件で引っ越しをしました。

・ピアノはアップライト1台

・メーカーはシュバイツァスタイン

・長野県内の移動で、距離は30kmほど

・搬出元、搬入先共に1Fで、階段は玄関先の数段のみ

・ピアノクリーニングも同時に依頼

事前の下見はありませんでした。

「松本ピアノ輸送」さんのピアノ引っ越しレポート、搬出編

私の実家は南信で、飯田方面からピアノをピックアップしながら松本へ向かうトラックに乗せられる予定になっていました。

実家のピアノはシュバイツァスタインというメーカーで、今はもう生産していません。

株式会社シュバイツァ技研 シュバイツァスタインピアノ

40年以上前に母が購入したものです。

f:id:tokaman0105:20200304181955j:plain f:id:tokaman0105:20200304182019j:plain

⇧金具部分はくすんでしまっています。

ペダルもこんな色に・・

f:id:tokaman0105:20200304182052j:plain

⇧ピアノのキャスターもだいぶ年季が入っています。

果たしてこのキャスター、機能するんだろうか・・・移動する時に使うのかな??

引っ越し・クリーニング前のピアノの状態を確認

アップライトピアノの上部フタを開けて、中を確認します。

f:id:tokaman0105:20200304182116j:plain f:id:tokaman0105:20200304182155j:plain

あまり見る機会のないピアノの内部。

金具部分は白くくすんでいて、錆のようなものも見えます。

何しろ、キッチンのすぐ横に設置してありましたからね(;^ω^)ピアノには良くない環境だったのかも。

 音を確認

運送スタッフさんから「音出ししても大丈夫ですか?」と質問がありましたので、OKしました。

f:id:tokaman0105:20200304182257p:plain

出ない音がないかを確認しているようでした。調律ではありません。

部屋から外へピアノを搬出

いよいよピアノが運び出されます。

運送スタッフさんは2名。この重いピアノを2名で運ぶんですから驚きです。

ピアノを運ぶから筋肉隆々のラガーマンみたいな人が来るのかと思ってましたが、お2人とも細身の男性でした。

f:id:tokaman0105:20200304182333j:plain f:id:tokaman0105:20200304182502j:plain

⇧肩からピアノをかつぐためのたすき(?)と、養生用の毛布が準備されます。

室内にも養生マットが敷かれ、キャスター付きの台も登場しました。

この台にピアノを乗せて運ぶようです。

ピアノのキャスターは使わないんですね(笑)

f:id:tokaman0105:20200304182536j:plain

ピアノを片方持ち上げて、下にこのパイプを噛ませていました。

そしてうまくコロコロ移動させ、キャスターに乗せていました。

簡単そうに書いちゃいましたが、ピアノの重さは約200kg。落としたりぶつけたりしないように慎重に作業されていました。

f:id:tokaman0105:20200304182624j:plain

⇧ピアノには養生用の毛布がかけられ、ゆっくりと移動していきます。

リビング入り口の幅が通らないかも、と心配しておりましたが、ギリギリで通りました!

建具にもピアノにも傷がつかないように、少し進んでは確認、の繰り返し。

普通の荷物とは違って、ちょっとずつ進むので時間がかかります。

f:id:tokaman0105:20200304182706j:plain

玄関のたたきから先は人力で運びます。先ほどのたすきが登場。

自分の肩とピアノの下にベルトをひっかけて、2人でゆっくり運びます。

玄関先の数段の階段も、声を掛け合って確認しながらゆっくり進みます。

見ているこっちは何だかヒヤヒヤしますが、そこはプロですね、本当に上手に運んでいきました。

ピアノの裏側、なかなか見る機会がないですがこんなふうになっているんですね。

トラックへ積み込む

f:id:tokaman0105:20200304182735p:plain

クレーン付きの大型トラックの荷台に積み込まれます。

ここでやっとピアノのキャスターが使われました(笑)ちゃんと機能していて良かった。

おわりに

なかなか見る機会のないピアノの搬出作業。

リビング入り口が通らなければ掃き出し窓から出してもらうしかない、と思っていましたが通って一安心でした。

運送スタッフさんの手技は本当に見事で、真剣に見学させていただきました✨

ここから約2週間で、クリーニングされたピアノが新居に届きます。

とっても楽しみです(*´ω`*)

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m

にほんブログ村


☆ランキングに参加しています!応援お願い致します☆
↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

☆こちらの記事もよかったらどうぞ☆

コメント

コメントする

目次
閉じる