育児ブログ【オコジョ的じゅりいズム】もやってます!

【ピアノ引っ越し】ピアノの運送とクリーニングも行ってくれる業者は?【長野県・業者比較見積もり編】

ご訪問ありがとうございます。

タマホームの「長野エリア限定 木麗な家」に住んでいるじゅりいです。

今回は、ピアノの引っ越しの話です。

ピアノの引っ越しはどのように行われるのか?費用はいくらかかるのか?

私も分からないことだらけでしたので、いくつかに記事を分けて書いてみようと思います。

最初は業者の比較・見積もりについて。

これからピアノの引っ越しをお考えの方の参考にしていただけると嬉しいです。


目次

ピアノ引っ越しの経緯

新築したら、ピアノを実家からもらうという話になっていました。

実家のピアノは私が子どもの時に弾いていたもので、元々は母が独身時代に購入したものです。

購入時期は多分1970年代でかなりの年代物でして、キズやへこみも多少ありますし、金属部分は鈍色。

こんな古いピアノもらうなら新しいのを買おうかな、とも考えましたが、ピアノって高いんですよね💦

中古でも40万円以上します。

こちらのサイトには素敵な中古ピアノがたくさんあります⇩

中古アップライトピアノ商品一覧|中古ピアノ販売のジャパンピアノサービス

オークションなどにも格安で出品されていますが、専門店以外から購入するにはちょっと不安がありますよね・・

ピアノ引っ越しを行う業者の選定

f:id:tokaman0105:20200302065458j:plain

新居の引き渡しからほどなくして、ピアノの引っ越しについて検討し始めました。

普通の引っ越しと違って周りにピアノを移動させたという人が大勢いるわけでもなく、どうやって調べたらいいのか分かりませんでした。

とりあえず、ピアノの先生をやっている旦那さんの妹さんに聞いてみることにしました。

教えていただいたのは、

・信州浜名ピアノ配送

株式会社信州浜名ピアノ配送 – ピアノや精密機器の運送はお任せ下さい

・松本ピアノ輸送

松本市 ピアノ運送・引越し ピアノ販売 ピアノ買取 ピアノ調律 ピアノ修理 有限会社松本ピアノ輸送 – iタウンページ

以上の2社でした。妹さんが実際に利用したことがあるのは「信州浜名ピアノ配送」さんだったそうですが、「松本ピアノ輸送」さんも評判がいいと伺いました。

ピアノの先生お墨付き、ということもあって、以上の2社で見積もりを取ることにしました。

調べてみると、長野県内でピアノの引っ越しをしてくれる業者は他にもたくさんあるようです。

長野県のピアノ運送 (24件) – goo地図

普通の引っ越し業者は?

〇〇引っ越しセンター、のような普通の引っ越し業者でもピアノの配送をしてくれる所はあります。

ただ、ピアノは大きな楽器であり精密なものなので、運搬には専門の技術が必要です。

一般的な配送・引っ越し業者に依頼すると、提携しているピアノ配送業者が来てくれるようです。

ピアノのクリーニングもしてくれる業者は?

f:id:tokaman0105:20200302065527j:plain

だいぶ古い実家のピアノ。

できればきれいにして新居に迎えたい、と考えていました。

ピアノ引っ越しのタイミングでクリーニングをしてくれるという業者さんもあるんです。

この話も妹さんに聞き、興味津々✨

上記の「信州浜名ピアノ」「松本ピアノ輸送」でもクリーニングを行ってもらえますし、以下の業者さんでもやっているそうです。

東京ピアノ運送:東京ピアノ運送 日本全国!配達!取引!当社におまかせください!!

ピアノ百貨:ピアノ・グランドピアノの販売・移動・運搬・運送・保管 ピアノ百貨

シモダピアノ調律研究所:

長野県長野市のピアノの調律・修理・クリーニング | シモダピアノ調律研究所

サンピアン:ピアノの調律・修理・オーバーホール《サンピアン》長野

※長野県内のみの業者もあります。

 クリーニングとオーバーホールの違い

「クリーニング」と「オーバーホール」は別物です。

クリーニング

ピアノクリーニング内容

・内部クリーニング・調整

・ヒンジ研磨

・チューニングピン研磨・弦サビ落とし

・鍵盤クリーニング(白鍵張替別途)

・ペダル研磨

・外装クリーニング

メニュー/松本市 ピアノ運送・引越し ピアノ販売 ピアノ買取 ピアノ調律 ピアノ修理 有限会社松本ピアノ輸送 – iタウンページ:より引用

クリーニングでは研磨・サビ落とし・清掃がメインで、基本的に修理や部品交換などは行いません。

料金は数万円ほど。

オーバーホール

ピアノのオーバーホールとは、ピアノを工房に預けて分解し、弦、ハンマー、フェルトなどの部品を新しいものに交換して、再度組み立てること。ピアノの大がかりな修理とも言えます。オーバーホールすることで、老朽化したピアノでも、本来の性能や音色を取り戻すことが可能になります。

大切なピアノのオーバーホール時の注意点 | スガナミ楽器:より引用

クリーニングに加えて、古くなった部品を交換したり修理して新品同様の状態にしてもらえます。

時間もかかりますが、料金も高額。

数十万円かかります。

ピアノ引っ越し、気になる料金の相場

ピアノの引っ越しを決めたら、次に気になるのが料金ですね。

通常の荷物と違って大きく繊細な楽器を運ぶとなると、料金も高くなるのではないかと不安になるのは当然ですよね・・

引っ越し侍様のサイトでは、ピアノ引っ越しの料金相場は以下のようになっています。

f:id:tokaman0105:20200301110526p:plain

引用:ピアノ運送・引越しの見積もり料金を比較して格安で配送できる【引越し侍】

一般的なご家庭にあるのはアップライトピアノが多いと思いますが、皆さんの想像していた金額と差異はどの程度でしたでしょうか?

私はもっと高いかと思っていたので、この表見て少しホッとしましたε-(´∀`*)

搬出・搬入場所によっては特殊作業が必要な場合も

搬出・搬入場所が1Fではなく2F以上だったり、高層マンションだったり、玄関から入らずベランダからの搬入だったりする場合、特殊作業が必要になります。

引っ越し侍様のサイトより、特殊作業の料金相場⇩

f:id:tokaman0105:20200301115219p:plain

引用:ピアノ運送・引越しの見積もり料金を比較して格安で配送できる【引越し侍】

新居の搬入場所はあらかじめ決めておくとスムーズです。

また、ハウスメーカーによっては床の補強が必要になる場合があります。

新築を建てる際は、ピアノを設置したい旨をハウスメーカーに伝えておいた方がいいでしょう。

※我が家はタマホームで建てましたが、特にピアノ設置のための補強はしませんでした。営業さん曰く、補強がなくても大丈夫とのことでした。

問い合わせ&見積もり

上記の料金はあくまで目安ですので、まずは問い合わせと見積もりを取ってもらいましょう。

見積もりに必要な事前情報

正確な料金を出してもらうためには、こちらからも正確な情報の提示が必要となります。

具体的には、

・ピアノの種類(アップライト・グランドなど)

・ピアノのメーカー

・ピアノの台数

・現在ピアノが置かれている場所の情報

   *1.戸建て・マンション・アパートなど建物の種類

   *2.階数

   *3.階段・エレベーターはあるか

   *4.住所

・引っ越し先の情報

   *1~*4と同様

・運送希望日

・運送以外の依頼内容

上記の内容を伝えて見積もりを取ってもらいます。

引っ越し侍様で見積もり依頼すると、無料で最大22社の見積もりが一括で分かります。(ネット見積もり比較&予約サービスの場合)

「信州浜名ピアノ配送」「松本ピアノ輸送」で見積もりを取った結果、このようになりました。

条件は、

〇移動距離は約30km

〇1Fから1Fへの移動

〇ピアノのクリーニングもやってもらいたい

〇移動後の調律もお願いしたい

以上の4点です。

信州浜名ピアノ配送

・ピアノの引っ越しにかかる料金は21000円(税別)

・調律は10000円(税別)で手配が可能

・ピアノクリーニングは、現在新規での受付はしていない

(2019年11月現在の状況です)

松本ピアノ輸送

・ピアノの引っ越しにかかる料金は19000円(税別)

・調律は17000円(税別)

・ピアノクリーニングは39000円(税別)

残念ながら、信州浜名ピアノ配送さんではピアノクリーニングを行ってもらえないことが判明しました。

(クリーニング抜きなら信州浜名ピアノ配送さんの方がお得!)

今回は、松本ピアノ輸送さんにお願いすることにしました。

おわりに。

長野県内でピアノの運送とクリーニングを行ってくれる業者さんは何ヶ所かあるので、ピアノの引っ越しが決まったらまずは問い合わせをしてみましょう。

運送のみなら、普通の引っ越し業者さんで依頼するのもいいと思います。

地元のみの展開かと思われる業者さんでも、県外の案件を扱ってくれる場合もあります。

とにかく、一度見積もりを取ってみることをお勧めします!!

ピアノ引っ越しを考えている方の参考になれば幸いです(*^_^*)

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m

にほんブログ村


☆ランキングに参加しています!応援お願い致します☆
↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

☆こちらの記事もよかったらどうぞ☆

コメント

コメントする

目次
閉じる