タマホーム的、長野でキレイな家づくり

タマホームの家づくりをリアルタイムで発信するブログ。土地、家の装備、長野エリア限定商品のことなど。

【我が家の無印良品製品】衣類の収納は結局、「ポリプロピレン衣装ケース」シリーズで良かったんです。

f:id:hawaishi:20180828233814j:plain

ご訪問ありがとうございます。

じゅりいです。

 

やっぱり、皆が良いと言っているものは使い勝手がいいですね。

我が家では衣類の収納には木製タンスなどを使っていましたが、現在ではタンスは使用していません。

引越時に捨ててしまい、それ以降はホームセンターで買った適当な衣装ケースを使って衣類の収納をしていました。夫婦二人での暮らしであれば、それほど衣類が増えることもなく、必要な量もある程度定まっているのでそれで問題ありませんでした。

ですが、子供が産まれると衣類その他もろもろの収納スペースが足りなくなってしまいました。

変なところで人と同じものが嫌だという微妙なこだわりがあり、避けていた無印良品の「ポリプロピレン衣装ケース」シリーズでしたが、使ってみるとやっぱりとても使い勝手が良かったです。

最初から「ポリプロピレン衣装ケース」シリーズを使っていれば良かった。

もうタンスは買わない。「ポリプロピレン衣装ケース」の良い所

必要に応じて増設できるのはやっぱり便利

これ以上極端にワードローブが増えることはなさそうな私達親世代とは違い、子供用の衣類などはどれだけの収納力があるタンスが適正なのか分かりません。

通常のタンスのように、それ自体が持つ収納量に限りがあるような場合、予想以上に衣類が増えてしまった時に対応が難しくなってしまいます。

その点、ポリプロピレン衣装ケースは優秀です。必要に応じて増設が簡単に出来ます。

 

正直、見た目の良さではお洒落な木製タンスに負けるかもしれませんが、便利さでは増設自由な「ポリプロピレン衣装ケース」が圧倒的です。

こんなに便利で優秀な収納用品をなんで今まで使ってこなかったのだろうか、と後悔するほどです。

サイズバリエーションが豊富

 我が家では、「ポリプロピレン衣装ケース」シリーズを2カ所で使用しています。

 

1カ所は寝室のベッドとクローゼットの間のデッドスペースになりそうな位置。

ここでは「幅40cm」、「奥行65cm」のものを使用しています。

www.muji.net

「高さ」は18cm、24cm、30cmと6cm刻みで3種類あります。

我が家では収納するもののサイズにあわせて3種類全ての高さのケースを組み合わせて使っています。

 

2カ所目はリビングダイニングです。

ここでは空間への出っ張りを少しでも抑えるために「幅34cm」、「奥行44.5cm」のものを使っています。

ここでも収納するもののサイズにあわせて2種類の高さのケースを組み合わせて使っています。衣類だけでなく、子供が保育園で使うタオルやエプロンなども収納しています。

我が家のリビングダイニングは子供の遊び場でもあるので、下段には子供のぬいぐるみも収納しています。

 おわりに。

中途半端な木製タンスを買ってしまうぐらいなら、「ポリプロピレン衣装ケース」を買った方が絶対に良いです。

何かの用途では必ず使えます。

引出ごとに分解して運ぶことも出来ますので、衣替えや引越の時にも便利です。

今更感がありすぎますが、やっぱり良いものは良い。おすすめです。

 

追記:無印良品ネットストア限定、「ポリプロピレン収納 配送無料」キャンペーンが終了してしまいましたので、現在は1点につき送料490円(税込)がかかります。

そこがちょっと残念。店舗が近くにある場合は、店舗購入の方がお得ですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m