タマホーム的、長野でキレイな家づくり

タマホームの家づくりをリアルタイムで発信するブログ。土地、家の装備、長野エリア限定商品のことなど。

【タマホーム】建築中の職人さんへの差し入れは必要?不要?タマホームの方針は?

f:id:tokaman0105:20191006080740p:plain

ご訪問ありがとうございます。

じゅりいです。

 

現在、タマホームの「長野エリア限定 木麗な家」を建築中です。

新居の着工直前、気になっていたことの一つに職人さん達への差し入れが必要なのかどうかというのがありました。

差し入れの頻度によってはそれなりの出費になってしまいますし、私的にはそういった余計なお金の掛かる風習(?)というのは無くなった方が良いと思っています。

地鎮祭もやりませんでしたし⇩

www.jury99.work

 

ですが、自分の家を建てるとなると職人さん達のご機嫌をうかがった方がよいのかどうなのか?

中々に難しい問題でした。

職人さんへの差し入れ、近年の風潮は?

昔と比べると、近年では差し入れをするという人も減っていると思います。

理由を幾つか挙げてみます。

地元の工務店に直接建築を依頼する人が減っている

我が家もそうですが、ハウスメーカーから家を買う場合、実際に家を建ててくれるのが地元工務店の方だとしても会う機会は着工するまでありません。

そうなると、自分の家を建ててくれるのだとしても職人さん達への親近感はちょっと湧きにくいですよね。

 また、ハウスメーカーによっては「差し入れしないでください」と言われる所もあるのだとか。

工期が昔に比べると短い

重機や道具も便利になっているので、昔に比べると工期が随分と短くなりました。

我が家の新居も着工から受け渡しまでが3ヶ月ほどの予定です。

職人さん達とお付き合いする期間が短くなっているのも理由にあげられそう。

 昔、大工さんが半年~1年くらいかけて家づくりをしていた頃は、施主と会う機会も多くなりますから、長い工期の中そういうお付き合いがあってもおかしくないですよね。

核家族化で両親とも忙しく、差し入れに行く暇がない

昔だと施工主のおじいちゃん、おばあちゃんが家の出来具合をチェックしに行ったり差し入れを持って行ってくれていたイメージですが、今は両親と子供だけといった家も多いので自然、頻繁に建築中の家を見に行くのも難しくなります。

 私の職場の上司が新築する時も、家にずっといるおばあちゃんがほぼ毎日見に行っていて、お茶やお菓子を差し入れしていたそうです。

上司は建築中ほとんど見に行っていないと言っていました(笑)

建売を買うのも普通になっている

差し入れをするしないという観点からはちょっと違うかもしれませんが、出来上がった家を買うのも普通になっています。

建築主(ハウスメーカーや不動産屋)から職人さん達へ多少の差し入れはあるかもしれませんが、実際に住むことになる人よりも差し入れを多くするということはない気が・・・

職人さん達も差し入れなしで家を建てるのが珍しくなくなっているのではないかと思います。

タマホームの方針は?

着工日がある程度決まった段階で、気になっていた職人さんへの差し入れについてタマホームの営業さんに聞いてみたのですが・・・

即答で「必要ないです」と返答をいただきました。

タマホームの営業さんは迷うことなく即答だったので、個人的な考えとかでなくタマホームとして差し入れは必要ないと考えているということだと思います。

出来れば余計な費用を掛けたくなかった我が家としてはとても嬉しい返答でした。

WEB上でも差し入れは必要ないという意見が多い

「職人さん達に気持ちよく作業をしてもらうために差し入れは必要」という意見もありますが、差し入れは必要ないという意見の方が多いようです。

一番重要なところですが、差し入れの有無によって出来上がりに差がでるということは基本的にあり得ないということです(当たり前ですよね、そんなことあってはいけません)。

そうは言っても心配だなーと、私は思ってしまうのですが・・・

手抜きや適当なことをする職人さんは、差し入れの有無は関係なくすると思うので、単純に職人さん達のご機嫌を伺って手抜きなどをされたくないという理由の差し入れなら無駄かなと思います。

結局我が家はどうしたか

タマホームの営業さんからは「必要ないです」と言われた職人さん達への差し入れですが、我が家では旦那さんと相談して少ないながらも持っていくことにしました。

理由は幾つかあります。

  • 新居の建築現場が現在の住居から至近で顔を出しやすかった
  • どんな職人さんが建築してくれているのか、話をして知っておきたかった
  • 必要ないと言われても、やっぱりちょっと心配だった
  • ブログ用の写真撮影でお邪魔になることもあるかと思い、印象を悪くしたくなかった

特に重要なのが、写真撮影でお邪魔になってしまうかもということです。

タマホームの営業さんも「必要ない」と言ってくれていたので、頻繁に写真撮影に行くということが無ければ我が家も差し入れは控えていたと思います。

差し入れしたもの

暑い時期の建築となりましたので、主にスポーツドリンクを差し入れしました。

箱で買っておいてそれを小出しに、という感じです。

 

 

ただ、職人さんたちも自分で飲み物を持参してきているので、もしかしたらお菓子とか食べ物の方がいいのかな、と思ったこともありました。

基本的には喜んでもらえましたけどね(笑)

差し入れして良かったこと

差し入れしてみて、良かったこともあります。

「差し入れ、お金も掛かるし嫌だなー」と思っていましたが、差し入れのおかげで主に建築に携わってくれる大工さんとはそれなり良好な関係を築けたと思っています。

たまたま大工さんが休憩中に差し入れを持って行った時には大工さんならではの家に関する情報を聞けたりもしました。

このあたりをどう捉えるかでも、差し入れに対しての考え方は違ってくるかもしれないですね。

おわりに。ハウスメーカーで家を建てるなら、差し入れは基本必要ない

地元工務店に建築を頼む場合と違い、ハウスメーカーから家を買うのであれば基本的に差し入れは必要ないと考えてよいと思います。

ただ、ダメということではないようですので、施工主次第ということでしょうか。

 (「差し入れしないでください」というハウスメーカーの場合は、差し入れしても問題ないかを確認してからの方がいいと思います)

しつこいですが、基本的には必要ないというのがタマホームの方針でした。

参考になれば幸いです。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m